肌がきれいになる方法を知って肌 乾燥 対策

肌がきれいになる方法を知ると乾燥肌対策になるのは!

便秘 食べ物はコンニャク

 

多種多様な乾燥肌対策情報が飛び回ってる中
どれが自分には合ってるのか見つけにくいし、
どれを信じていいのか迷います。

 

寒い季節は空気も乾燥して、お肌もより乾燥しやすい時季ですよね
乾燥したカサカサ肌は化粧ノリが悪くなるだけでなくシワやクスミの
原因になってしまいます。

 

いろんな乾燥肌対策をして肌がきれいになる方法を試しても
効果を実感できない

 

そんなあなたに、ときにはお肌のお手入れをお休みして!
どの部分が肌トラブルになってるのか見極めることも
大切だと思います。

 

誤ったお肌の手入れが乾燥肌をつくる!

 

洗顔をするときに毛穴を綺麗にしようと、
つい、力を入れすぎてませんか・・・!

 

何気なく力が入り擦ると毛穴や汗腺は炎症を起こしてしまい
角層(肌表面)では、核細胞の増殖をはじめ未熟な細胞が
できあがります。

 

本来なら角層(肌表面)の核は死んでないといけないのに、
未熟な細胞があるために保湿成分(細胞間脂質)が正常に
分泌されなくなって肌の乾燥する原因に!

 

 

驚き40代美容マニアの肌が高齢者89歳の3分の1!!

美容マニアは肌細胞の核に問題が!!!(゚o゚;;

 

周りからも美容マニアと呼ばれる女性と高齢者の
肌水分量を比較すると高齢者より肌の水分量が
3分の1も少ない結果が出てます。

 

では、どうしてこのような結果が出たのでしょうか?

 

普通に考えるなら、高齢者の方が肌水分量は少ないはずですし
水分量だって89歳の高齢者より少しなら、何かが原因で少なく
なる事も考えられます。

 

でも 40代美容マニアは3分の1も少ない!!

 

このような結果が出たのには核に問題が!

 

高齢者の角層(肌表面)に到達した細胞は
死んでるので保湿成分(細胞間脂質)が正常に分泌
されキチンと保湿がされてます、

 

しかし 40代美容マニアの角層(肌表面)は未熟な核が
生きてたので保湿成分が分泌されなくなっていたのです。

 

では何故核は死んでないといけないのか!

 

正常に育つ肌の細胞には核あり皮膚の深いところで生まれます
核は角層(肌表面)に到達すると死んで消えるときに
細胞は肌から水分の蒸発を防いだり外からの刺激を防ぐために
セラミドを細胞外に放出 してくれます。

 

セラミドとは!
保湿成分(細胞間脂質)のことで角層で細胞の隙間を埋めてくれる
接着性のような働きをして肌の乾燥を防いでくれているのです。

 

保湿成分が分泌されない・・・!!

 

角層(肌表面)に到達した核が死んでないと
保湿成分(細胞間脂質)が正常に分泌されなくなり
水分の蒸発を防ぐ事が出来なくなり肌は乾燥してくるのです。

 

保湿成分(細胞間脂質)を分泌してもらうためには!

泡を使った擦らない洗顔で保湿成分を分泌!

 

肌がきれいになる方法角層(肌表面)で核の未熟な細胞 を作らないために
洗顔をするときに擦らない事が大切です。

 

また洗顔をするときには石けんでシッカリ泡をつくり
その泡を手の平で軽く押して乗せるだけです。

 

けっして擦らないようにです。

 

石けんの泡が汚れを落としてくれるので
後は直ぐに洗い流すだけでいいのです。

 

肌がきれいになる方法洗顔後に水分の蒸発を防ぐために油分のある化粧品で
保湿をしてあげて下さいね。

 

洗顔後に保湿してあげないと!綺麗になった肌からは
水分の蒸発が盛んになり肌は乾燥してしまいます。

 

角層(肌表面)に到達した核は死んで消えてもらい、保湿成分(細胞間脂質)を
正常に分泌させるためには擦らない優しい洗顔と保湿をして下さいね (´▽`)

 

保湿成分(細胞間脂質)を化粧品に頼らずに 、
自分の持っている 保湿成分を使うのが大切なんです。

 

泡立てネットで石鹸を泡立てる洗顔方法 (・∀・)

 

 



 

肌に負担をかけないモコモコ泡なら、角層(肌表面)に
到達した核細胞は、死んでるので保湿成分(細胞間脂質)が
正常に分泌されキチンと保湿がされてきます、

 

 

 



肌がきれいになる方法を知って乾燥肌 対策関連ページ

泡立てネットで石鹸を泡立てる洗顔方法
肌が乾燥するとシワやクスミのできる原因です。肌を乾燥させないためのには肌に必要な成分を残してあげないといけません。泡立てネットで石鹸を泡立てモコモコ泡の作り方や潤いに必要な成分は残す洗顔方法を紹介!
ホクロのガンと隠す裏ワザ!
顔にホクロがあると気になりますよね。そのホクロを触ったりして刺激をあたえるとガンになると噂でしたが、どうもそれは違ってるようです。ホクロのガンとガンでない見分け方と隠す美容裏ワザ!を紹介します。