スムージーで老化を防ぎ健康になる野菜

スムージーで老化を防ぎ健康になる野菜

 

スムージーを作るならわざわざ取り寄せたりせず、近所のスーパーで手に入りやすい野菜を使い老化防止(アンチエイジング)してはどうでしょう、しかも栄養価の高く健康に良い野菜なら毎日でも続けられますね。

 

それとスムージーに何を入れようか迷った時、スムージーに合う野菜と不向きな野菜を知ることで、より効果アップする野菜を検証しました参考になると思います ^^

 

 

活動代謝

 

 

 

 

1:《小松菜》グリーンスムージーで一番使われてる野菜 5つの健康効果

 

   小松菜

 

小松菜はミネラルが豊富で生のままで食べられます。栄養素が熱に弱いためどちらかと言えば生の方がミネラル分をシッカリ摂取できるわけで、スムージーにすると健康・美容といった点でも、栄養素を壊さないために生のまま食べたいですね。

 

 

小松菜は栄養が豊富!

 

β-カロテン・ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・カルシウム・鉄分・食物繊維など驚くほど豊富に含まれてるのに低カロリー!健康的にダイエット、老化防止、美肌、ガン などなど効能のある野菜です。

 

 

1-1 肥満解消効果

 

小松菜の栄養には女性に不足しがちな カルシウム・ 鉄分といった大切なミネラルが豊富で、葉野菜の中でもっとも多く含んでいます。ダイエットにはミネラルや食物繊維が必須で、その栄養素が豊富な小松菜は肥満解消効果を期待できます。

 

なおかつ小松菜のカロリーはわずか14kcal(100g)だから、少し量が多くなってもダイエット中でも問題なく食べられるのでは?

 

 

1-2美肌効果

 

β-カロテンは体内で吸収されるときビタミンAに変化します。ビタミンAには抗酸化作用があり、活性酸素を抑え老化を遅らせるアンチエイジング効果を持ってますので、小松菜を積極的に取り入れ美肌を目指しましょう

 

ニキビのできやすい方はビタミンAがターンオーバーの正常化と免疫力をアップするので、アクネ菌の増殖を抑えニキビのできにくい肌作りを目指せます。

 

更にシミにも!小松菜にプロリン(天然保湿成分(NMF))が含まれ肌に潤いハリを与えシミを消す効果もあります。

 

 

1-3骨粗しょう症の予防

 

小松菜に含まれるカルシウムは、ほうれん草よりたくさん含まれ3倍以上!カルシウムが不足すると骨を溶かし、不足した分に回すので骨の中はスカスカに!  小松菜を毎日スムージーに入れ飲むなら、骨粗しょう症の予防になります。

 

骨の健康に自身がない方は、カルシウムの吸収率をあげるにはビタミンDと一緒に取ると吸収率があがります。ビタミンDを多く含むのがキノコ類で特に多いのは、きくらげや椎茸なんですが生で食べませんよね、

 

加熱すると小松菜の栄養素が破壊され少なくなるので、カルシウムをたくさん吸収するためにビタミンDはサプリメントでスムージーと一緒に飲むのもありです。

 

 

1-4動脈硬化やがんの発生の予防

 

小松菜にはβ-カロテン、ビタミンCが含まれ傷ついた細胞を修復する働きがあり傷の治りも早くなります。さらに強い抗酸化力を持っており、活性酸素で体が酸化するのを抑え、免疫力を高めガンや動脈硬化を予防する効果があります。

 

 

1-5貧血改善と予防

 

鉄分を多く含んだ野菜といったらホウレン草では? ところが、その上を行くのが小松菜! ホウレン草の3倍!! 鉄分を多く含んでいます。鉄分だけでは吸収率が余り良くないのですが、小松菜には吸収率を上げるビタミンCも豊富!

 

ダイエット中に貧血を起こすなんてことがある方は、小松菜を多めに入れたスムージを作ると貧血の改善にもなります。鉄分不足は疲れやすく、たちくらみや美容にも影響があり、肌の老化を早めます。

目次に戻る

 

2:《セロリ》7つの効能が期待できる野菜

 

   セロリ

 

セロリはβ-カロテン・ビタミンB群・ビタミンE・ビタミンCなど健康によい栄養素がバランス良く含まれ、美肌作りに欠かせないビタミンCは肌にハリや潤い与え、シミなるメラニンの生成を抑えてくれます。 

 

そして若返りのビタミンEがアンチエイジングとして元気で若々しくいることを期待できます。

 

ビタミンB1の労回復、ビタミンB2、C、Eで肌を健康に、食物繊維で便秘改善など、スムージーに入れたい野菜です。

 

 

2-1 痩せやすい体を作る

 

セロリに含まれてるマグネシウムは、もともと体内にある酵素の働きを活発にし、食べたものを消化したら代謝を高める働きがあり、脂肪を蓄えない痩せやすい体質になってきます。

 

セロリを食べた時のシャキシャキとした歯ごたえのある食感は、噛むことで満腹を感じ食べ過ぎを防ぐのにいいですね、 むしろセロリは低カロリー(100g 15kcal)なので食べ過ぎても太る心配はなくダイエットに取り入れたい野菜です。

 

 

2-2便秘 改善

 

便秘改善に食物繊維は必須で、セロリは食物繊維が豊富な野菜です。便の膨張と腸内の刺激で便秘改善を期待できます。

 

スムージーにセロリを入れるなら、便秘改善・予防になり腸内の環境がよくなると、綺麗になった腸から新鮮な栄養素が運ばれるよになり代謝はアップ!便秘の改善はダイエット・美肌に繋がります。

 

 

2-3 美肌 効果

 

ビタミンCやビタミンEは肌には欠かせない成分!

 

ビタミンEとビタミンCを単体で摂取するより、同時の方が相乗効果で抗酸化力が高まります。 セロリは ビタミンE・Cが含まれ美肌作りに欠かせない野菜です。

 

美白の元ビタミンC・老化の原因となる過酸化脂質を抑えるビタミンE、 
またカロテンを含むセロリを食べると、体の中に入るとビタミンAに変換され、さらに美肌効果はアップ!

 

美肌の栄養素 ビタミンC・ビタミンE・ビタミンAを一緒に摂りいれ、潤い・ハリ・シミのない肌をめざしましょう。

 

 

2-4冷え症改善

 

冷え性にセロリいりスムージーを、ビタミンB1やピラジンが含まれ、血液循環をよくする効果があります。血液の循環がよくなると温かい血液が運ばれるよになり冷え性の改善になります。

 

またセロリには疲労回復の効果も!

 

慢性疲労が原因の冷え性の改善にも効果があり、疲れ気味の方はスムージーにいセロリを入れ飲むと期待できます。

 

 

2-5 ストレス緩和

 

セロリの独特の香りは、好き嫌いがありますが、香りの成分セダノリッド、セネリン、アイピンは気持ちを落ち着かせイライラを抑える効果があります。 ストレス溜まってるぅ・・・セロリを摂りいれストレス発散!

 

またセロリに含まれてるビタミンB1は疲れてくると出てくる乳酸を分解し、疲れた体を早く回復させる効果があるので、独特の香りが嫌いな方も摂取するといいですね、

 

 

2-6 解毒作用

 

アルコールや喫煙を吸う方はセロリで解毒!!

 

アルコール・ニコチン・タールを解毒するセロリに含まれるミネラル分が、体内に貯まった有害物質を分解し排出してくれるので、積極的に摂り入れたい野菜です。

 

 

2-7 風邪に効く

 

セロリに含まれる、ビタミンやミネラルには、新陳代謝と 抗酸化力を高め風邪ウイルスの侵入を防ぎ風に強い体質をつくります。ウイルスに感染しても、免疫力があるので、治りも早く症状も軽くてすみます。

 

 

目次に戻る

3:《ホウレンソウ》 5つの健康効果を期待

 

   ホウレンソウ

 

ホウレンソウはビタミン類、ミネラルなど栄養価の高い緑黄色野菜で、β-カロテン・ビタミンC・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンE・鉄分・葉酸などが含まれてます。

 

こんなにたくさんの栄養素が含まれてるホウレンソウにはデメリットも! アクが強く大量に摂り入れると体内でカルシウムと結合して結石ができやすくなります。 大量にですから適量なら問題ありません。

 

ちなみに 
1日1kg食べると影響があるようで、
こんなに食べませんよね

 

アクの正体はシュウ酸塩という成分で、湯でるとアクは抜けるのですが、スムージーに入れる場合は生食する事になるので大量に摂らない方が良いですね。

 

スムージーをつくる場合、少し苦みがあるので慣れるまで少なめに入れるなら問題なく頂けます。毎日ホウレンソウばかりでなく、いろいろな野菜に変える方が栄養も偏らずバランス良くスムージーを摂取できるので、結石のできるような事はないと思います。

 

 

3-1 貧血 冷え性の改善

 

鉄分の不足は血行不良を起こし冷え性の原因に! ホウレンソウは鉄分が100gあたり2.0mg他にビタミンEも含まれ、貧血改善や血行促進に効果があります。またビタミンCも含まれ鉄分の吸収をより高めてくれます。

 

3-2 便秘の改善に効果的

 

100gに3.6gの食物繊維を含むホウレンソウは、キャベツやレタスなどの2倍以上の含有量で柔らかく消化によいので便秘の改善にいいですね。

 

食物繊維が多いと食べ過ぎを防ぎ、消化がよくなると代謝もあがるのでホウレンソウはダイエットにとっておきの野菜です。

 

 

3-3 美肌・老化防止

 

β−カロチンの抗酸化作用とビタミンCが肌の酸化を防ぎ、シミ、そばかす、しわ、たるみ、など肌の老化防止! 同時にビタミンE・鉄分が血行を良くするので若々しい肌を期待できます。

 

 

3-4 風邪 細菌感染の予防

 

ビタミンAとCが免疫力を高め風邪の予防、喉の粘膜を丈夫にし細菌感染を防ぎます。

 

 

3-5 葉酸 妊娠中のお母さんに大切な栄養素

 

    葉酸 妊娠中のお母さんに大切な栄養素

 

葉酸は貧血を予防する物質として発見さたビタミンB郡の一種なのですが、子供の発育に大切な栄養素でもあります。妊娠中のお母さんに、健康で元気な赤ちゃんを出産するための大切な栄養素です。

 

厚生労働省は1日に葉酸1g以下の摂取を推奨!

 

細胞の生まれ変わりや赤血球をつくるのですが、妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の生育に良くないと厚生労働省は発表! 葉酸を摂取することで先天異常(無脳症)になるリスクを低下させられることを明らかにしてます。

目次に戻る

 

 

Topへ 活スムージー ダイエットで失敗しない最適なスムージーランキングに戻る スムージー ダイエットで失敗しない最適なスムージーランキング

スムージーで老化を防ぎ健康になる野菜関連ページ

野菜ジュースと スムージーの違いは栄養素の高さ!
野菜ジュースと スムージーはどちらが栄養があるのでしょう、 どちらも同じ野菜なのに、摂取できるビタミン、ミネラル分に大きな違いがダイエットや美容、健康維持に効果のあるのは栄養素の高さを紹介
スムージー置き換えダイエット効果あるのは朝昼夜のいつ?
スムージーで置き換えダイエットするなら、一番効果のあるのは朝昼夜のうちいつ?効率よく健康的に痩せることができる、体のリズム時間帯とスムージーで置き換えする時間帯を案内
グリーンスムージーを飲むと3日で効果を実感する断食やり方
グリーンスムージーでプチ断食を始めるときに3日で効果を実感できるための、準備期間、断食、回復期間のスムージーと食事の仕方や注意するてんを紹介
グリーンスムージーで痩せるためのスムージの選び方!
グリーンスムージーで健康的に早く痩せるためには、目的に合ったスムージーを選ぶ事が大切、効率的に痩せるためのスムージの選び方、自分で作るのと販売されてる物とどちらが良いのか紹介
ダイエットするときは朝食抜きと抜かないどちらがいいの?
するときは朝食抜きと抜かないどちらがいいのか、専門家の間では食べる?食べない?と意見が分かれているのが現在の状況で、抜いた時の効果と抜かないときの効果、太らない体質をつくる活動代謝について紹介