グリーンスムージーで痩せるためのスムージの選び方!

グリーンスムージーで痩せるためのスムージの選び方!

 

グリーンスムージーを飲んで痩せたい! でもスムージーメーカーがたくさんあり、どのスムージーを選んだら良いのかわかりずらいですね。

 

有名なレディー・ガガさん以前太ってましたが、ほんの2ヶ月ほどグリーンスムージーを飲んでダイエットを続けたら11kg以上も痩せたと言われてます。

 

そんな有名人が飲んで効果のあるスムージを選ぶには、無理をしない早く痩せるための、自分に合ったスムージーの選び方が大事で、

そのための7つのポイントを紹介したいと思います。

 

   グリーンスムージーで痩せるためのスムージの選び方

 

 

 

 

1:痩せるための栄養素が含まれてるか

 

   マンゴーとベリー

 

スムージーで多いのがマンゴー味やベリーですね、それだけ多くの人が好む味だということが分かります。 だからと言って私も好きな味でないかもしれません、

 

そんな時は、気になってるスムージの口コミを見て実際いに飲まれた人の感想は参考になります。 

 

あまり褒め言葉だけ書いてるのもどうかなって思うところがありますが、多くの人に人気のある物は口コミも多く、好まれる味で、効果もあるから多くの人に人気があるんだ考えられるのでは。 

 

他に知人にスムージーを飲んでる方がいるなら、その方に尋ねるのもありです。

 

 

グリーンスムージーで使われてる葉物野菜に、小松菜、ほうれん草、水菜 などが多く、その中に含まれる栄養素は代謝アップ・免疫力アップ・便秘・血液サラサラ・ストレス解消・美肌効果などメリットたくさんなので、できるだけ葉物野菜や果物の種類が多いほうがバランス良く栄養素を摂取できます。

 

 

プロテイン不足は燃焼力が弱くなる

 

特にダイエットにはプロテインの摂取が脂肪燃焼には重要で牛乳やヨーグルトを少量入れると簡単にプロテインを摂取できます。

 

他にプロテインパウダー・カッテージチーズ・豆腐・豆・ナッツ類 にプロテインは含まれるのですが、ナッツ類はカロリーが高くたくさん入れるのは注意にしましょう。

 

 

 

2:空腹感を無くすための栄養素が含まれてるか

 

ダイエット目的にスムージを飲むのでしたら空腹感に悩まされるかもしれません、辛い空腹感を紛らわすには、少し甘みのあるスムージーがいいです。

 

甘いのは苦手な人には敬遠されれそうですが、甘味に果物を含むスムージーなら、甘かったとしてもその 甘みは果物の果糖で脳の栄養源になり空腹感を紛らわせられるように! 

 

空腹感の出てくるのは脳の栄養源である糖が少なくなくなってきたからで、果物に含まれる果糖は脳の栄養源になり空腹感で悩まずにすみます。

 

果糖は糖尿病にも良くユックリ血糖値をい上げたら、ユックリ下がるので強い空腹感を抑えられられる効果を持ってます。

 

他に、胃を膨張させるグルコマンナンやサイリウムが配合されてるスムージが強い空腹感に悩まされずダイエットには向いてると思います。

 

 

 

3:1杯あたりのカロリーは

 

自分で作るスムージは結構カロリーが高く、中には400~500kcalになることも!そこからすると販売されてるものには、少ないものだと1杯あたり20kcalほどのスムージーがあり、しかも原料も多い!

 

早く効果を実感するなら少しでもカロリーの少ないものが良いわけで、毎日自分で作り、後片付けカロリー計算など考えるなら、販売されてるスムージそして、栄養素が豊富でカロリーの少ない物を選ぶのがいいですね。

 

カロリーが少なくても中に入ってる原料の種類が多い、市販のスムージのほうが栄養をバランス良く摂取できると思います。

 

 

人気のグリーンスムージーダイエットに効果ある人気ランキング 
1食あたりのカロリー

 

 

4:味に何種類かある物が飽きが来ない

 

スムージを飲んで目標まで痩せたら、そこで止めるより続けた方がいいと思います。代謝が悪くて太りやすくなってるわけで、スムージを飲むのを止めるとまた代謝は低下し太リやすくなることも考えられます。

 

痩せた体重の保持、健康管理に続けてはどうでしょう。

 

ただ、好みの味でも同じ味を飲み続けるのは飽きるかもしれません、なので味は何種類かあるスムージを選ぶと飽きずに続けられます。

 

 

メーカーによって1種類〜5種類ほどあり、できるなら種類の多い方を選ぶと、栄養成分は同じまま味だけ変えられるので飽きずに続けやすいですね。

 

1種類だと飽きた時に、いま気に入ってる同程度以上のスムージを探すことになり面倒だし、飲んでみないと本当に効果あるのかわかりません。

 

 

 

5:1杯あたりの費用はどれくらい

 

勘違いしやすいのが価格と内容量で、安いと思っても内容量が少ないと1杯あたり200円! 高いと思ったものが内容量が多ければ1杯あたり100円! など結果的には高いと思ったものが安くなる場合もあります。
全体の価格でなく、1杯あたりにすると費用はどのくらいになるか確認して購入するといいですね。

 

ダイエットに向いてるスムージー 

 

ミネラル酵素グリーンスムージー

 

1食あたり80円!  22.86kcal 

 

200種類の葉野菜・フルーツ・グルコマンナン・ミネラルに酵素を配合!

 

他のスムージと比較した場合トップクラスのお得価格とグルコマンナンが空腹感を和らげる!

 

 

安いから効果がないということではなく、安くても口コミで人気のあるということは効果があるからだと判断できるのでは、また費用がかかると負担となって続けられないかもしれません。
続けるには人気があり価格の安いスムージを選びといいですね。

 

 

 

 

6:通常購入と定期購入どちらにするか

 

定期購入すると割安になってプレゼントがもらえたりで嬉しいですよね。でもこの定期購入は最初はしないほうが良いのですね。

 

もし思ってたものと味に違いがあった場合、飲みきれるといいのですが 飲めかった時を考えると高い買い物になってしまいます。 まず最初は通常購入、そして味・効果に納得してから定期購入をするといいのでは。

 

そうは言っても、定期購入すると初回半額、次回割引価格、送料無料、プレゼントなど魅力ありますね。だったら定期で申し込み合わなければ解約と思うかもしれません。メーカーによては全額返金保証とかあり安心のようですが、使った分とか送料負担とか記載されてる場合があります。

 

定期購入は内容をよく確認しましょう

 

 

まとめ

 

スムージー自分で作る&購入?

自分で作るスムージより販売されてる物が費用も安く簡単ですぐにできるスムージー

 

代謝を上げ痩せやすく、そして痩せたらリバウンドしにくい体質をつくるには、6つのポイントを抑えるとダイエットをスムーズに成功させることができます。

 

空腹感を紛らわすには

スムージーを飲む目的がダイエットだったらプチ断食を予定してるのでは、ダイエットで辛いのは空腹です、空腹感を和らげる果物の種類が多く、胃を膨張させるグルコマンナンやサイリウムが配合されてるスムージーを選んで乗り越え慣れましょう。

 

口コミで分かる

自分に合ったスムージを見つけるには、口コミでだいたいわかり、口コミが多く評価が良ければ効果も期待され味も良いと判断できます。

 

購 入

合わなかったときを考えた場合通常購入、

 

安く・プレゼントなど貰いたい場合は定期購入、
その際内容をよく確認

 

目的に合わせて選ぶ

基本的にはどのスムージもミネラル・ビタミンは豊富です、ただスムージーに含まれる成分は目的によって多く含まれてる方がよいわけで、

 

健康・美肌を目指すにはポリフェノールの多いスムージー、 抗酸化力が高くアンチエイジングとして老化を遅らせる効果を期待できます。

 

ダイエット目的て痩せるには脳を満足させ空腹感を紛らわすため、果物が多く、胃を膨張させるグルコマンナン、脂肪燃焼を効率よくするプロテイン の配合されてるスムージ

 

目的に合ったグリーンスムージーを選びましょう

グリーンスムージーで痩せるためのスムージの選び方!関連ページ

スムージーで老化を防ぎ健康になる野菜
スムージーを作るときに人気がありよく使われてる健康効果をアップする5つの野菜とスムージーに合わない野菜が取り寄せしなくても近所のスーパーで買えるものを検証
野菜ジュースと スムージーの違いは栄養素の高さ!
野菜ジュースと スムージーはどちらが栄養があるのでしょう、 どちらも同じ野菜なのに、摂取できるビタミン、ミネラル分に大きな違いがダイエットや美容、健康維持に効果のあるのは栄養素の高さを紹介
スムージー置き換えダイエット効果あるのは朝昼夜のいつ?
スムージーで置き換えダイエットするなら、一番効果のあるのは朝昼夜のうちいつ?効率よく健康的に痩せることができる、体のリズム時間帯とスムージーで置き換えする時間帯を案内
グリーンスムージーを飲むと3日で効果を実感する断食やり方
グリーンスムージーでプチ断食を始めるときに3日で効果を実感できるための、準備期間、断食、回復期間のスムージーと食事の仕方や注意するてんを紹介
ダイエットするときは朝食抜きと抜かないどちらがいいの?
するときは朝食抜きと抜かないどちらがいいのか、専門家の間では食べる?食べない?と意見が分かれているのが現在の状況で、抜いた時の効果と抜かないときの効果、太らない体質をつくる活動代謝について紹介